酒粕 効果

酒粕の効果・効能について!便秘やダイエット、美肌に効く?!

酒粕 効果

こんにちわ( ^ω^ )
酒粕サプリサイト管理人です♀

今日は「酒粕」の効果や効能について紹介したいと思います。酒粕と言っても体に良いものとは知っているけど実際にどんな効能があるのか知らないという人が多いですよね。なので酒粕についてわかりやすく解説してみましたので是非、読んでみてくださいね( ˘ω˘ )♡

酒粕を摂取すると便秘改善する!

酒粕 効果

様々な美容効果が得られると話題の酒粕ですが、中でも酒粕に含まれる「レジスタントプロテイン」という成分が便秘改善効果に繋がっていると言われ、最近注目を浴びるようになりました。酒粕を摂取すると便秘改善することについて、具体的に紹介したいと思います。

 

酒粕に含まれるレジスタントプロテインとは

レジスタントとは「抵抗する」、プロテインはご存知の「たんぱく質」という意味で、つまり「消化されにくいたんぱく質」という成分です。レジスタントプロテインは、1997年に当時蕎麦から発見されたもので、ダイエットやコレステロールの低減・改善などに効果があるとされているのですが、酒粕50の中にはなんと750gも含まれているのです。

 

酒粕に含まれるレジスタントプロテインが便秘に効く理由

レジスタントプロテインは消化されにくいたんぱく質で、結果的に食物繊維に良く似た働きをしてくれます。日本酒を作る工程で、麹と酵母の力で原料である米のでんぷんやたんぱく質が分解されていくのですが、レジスタントプロテインは分解されずに留まり酒粕の中へ残るのです。

 

酒粕は便を柔らかくして便通をスムーズに

酒粕を摂ると、他のたんぱく質のように消化吸収されないまま腸内へと進むことから、コレステロールや脂肪分を吸い取り便として一緒に排出してくれます。消化されないことから便の量が増えることに加え、吸収した脂肪分の力で排出されやすい柔らかい便が作られることから便秘改善効果へと繋がるのです。

 

 

食物繊維も豊富な酒粕

日本酒を作る主原料である米が麹と酵母の力で分解され残った酒粕には、米の焼く10倍にもなる100g中5.2gもの食物繊維をも含まれています。酒粕に含まれる食物繊維は不溶性、レジスタンスプロテインは水溶性の食物繊維と同様の働きをしてくれます。不溶性の食物繊維には、水分を吸収し腸内で膨れることで、腸を刺激して便を前へ前へと進ませるぜん腸運動を活発にする働きがあり、水溶性の食物繊維は、食べた食品の水分をゲル化して体内に溜まった余分な物質を体外へ排出してくれる働きがあることから、酒粕は食物繊維とレジスタントプロテインの合わせ技で、便秘改善の効果が高まるのです。

 

酒粕はダイエットに効果あり?

酒粕 ダイエット

ダイエットに欠かせないのが、便秘改善。酒粕に含まれるレジスタントプロテインや食物繊維の働きによって、便秘改善に効果が得られることは先に紹介しましたが、酒粕には無駄な脂肪を作らせない働きや、豊富なビタミン群によって代謝が促進されるといったダイエット効果も挙げられます。

 

酒粕は無駄な脂肪を作らせない

ダイエットに於ける食事の摂り方として、「血糖値を急激に上昇させない」ということがポイントとして挙げられます。血糖値がゆっくりと上昇する分には、インスリンも少しづつ分泌されて、取り込まれたブドウ分は活動するエネルギーとして利用されていくのですが、血糖値が急激に上昇してしまうと、身体は大量のインスリンを分泌させ、血液中のブドウ糖を細胞へと必死になって細胞へと取り込むような働きをしてしまうのです。一度に大量に取り込まれたブドウ糖は活動するエネルギーへと変わることなく、脂肪として蓄積されてしまいがちなのです。

 

酒粕はインスリンの分泌を抑える

血糖値は、食事から摂った炭水化物がブドウ糖に分解されることで上昇するものですが、酒粕に含まれる成分がこの炭水化物の分解を抑えてくれる働きをしてくれるのです。つまりは、酒粕を上手に取り入れるこで血糖値の上昇がゆっくりとなる→インスリンが大量に分泌されることが無く、脂肪となって身体に蓄積されることを防いでくれる効果があるのです。

 

酒粕は美肌・美白にも効果的

酒粕 美肌

お肌の悩みであるシミやそばかすなどは、皮膚の色素沈着によって起こるものなのですが、その原因物質といえるのがドーパクロム。このド-パクロムが良く知られるメラニン色素に変化して日焼けをしたり、シミやそばかすといったお肌の悩みに繋がるのですが、近年の研究結果から酒粕に含まれる成分が、このドーパクロムの生成を抑制してくれるということが分りました。

 

酒粕でチロシナーゼの働きを抑える

ドーパクロムがシミやそばかすに繋がるメラニン色素へと変わる過程でチロシナーゼという酵素が関係することから、チロシナーゼの働きを抑える物質をお肌へ摂りいれることでメラニン色素のが作られることを抑えることが出来ます。この物質こそが、美白成分として見聞きすることもある遊離リノール酸やコウジ酸、アルブチンなどとなるのです。これら美白成分とされる物質を多く含んでいるのが、酒粕なのです。元々日本酒の主原料となる米には遊離リノール酸が含まれているもので、酒粕に含まれる米麹にはコウジ酸も含まれてます。更に酒粕にはアルブチンやフェルラ酸なども含まれ、美白・美肌ともに効果的であるといえます。

 

酒粕パックの美白効果が凄い!

通常の美白化粧品よりも効果が高いとも言われている「酒粕パック」。その効果も、1回のパックで実感される方もいるほどです。酒粕は血液の流れを良くし身体を温める作用があることから、お肌表面の温度を上げることで毛穴を開かせる働きがあります。保湿効果も高く、パックとして使うと毛穴をしっかり開いてくれるので、毛穴に詰まった老廃物などの汚れを取り除くデトックス効果も絶大!。毛穴に詰まった汚れを取りながら、先に紹介したような美白成分の効果が加わることで、美白度は更に高まるのです。

 

酒粕は毎日摂ると健康に良い

酒粕 健康

酒粕は毎日摂ることで、非常に健康に良いとされています。酒粕を摂ることで嬉しい健康効果として、先に紹介してきた便秘改善やダイエット、コレステロールの低減や美白・美肌効果以外にも、様々な健康に寄与する効果が得られるとされています。

 

酒粕でウイルス感染を予防

酒粕に含まれるたんぱく質やパントテント酸、葉酸が免疫細胞を活発に作られることを促進させてくれることで、風邪を始めインフルエンザや食中毒などの細菌やウイルス感染を予防してくれる効果があります。

 

酒粕は疲労や炎症を軽減させる

酒粕に含まれるビタミンB1は精神状態を安定させてくれ、B2は口内炎を抑えてくれたり、眼精疲労にも効くといわれています。ちなみに酒粕に含まれるビタミンB1の量は、100g当りレモン15個分に相当する量だとか。これは凄い!

 

糖尿病の方の食事に酒粕?

酒粕にはインスリンと似た働きをする物質が多く含まれているので、糖質の吸収が抑えられたんぱく質を効果的に吸収することが期待されます。糖尿病の方は、炭水化物など糖質となる食品を減らしてたんぱく質を多く摂る食事スタイルが基本となりますが、酒粕を食事に取り入れることで、糖質の吸収が抑えられことが出来、たんぱく質など他の栄養素を効果的に吸収することに繋がります。

 

酒粕が高血圧を予防?

酒粕にはペプチドと呼ばれる成分が6種類も入っていることから、血圧を上げるアンジオテンシン変換酵素を抑制してくれます。

 

酒粕は食べ過ぎても大丈夫?

酒粕は確かにカロリーや糖分は高い食品なので、食べ過ぎも心配かもしれません。成分的に、それらは吸収しにくい仕組みになっていますので、米やパンなどと比べるても食べ過ぎたからといって、太ってしまうような心配は少ない食品です。酒粕はこれまで紹介したように様々な栄養素が含まれた食品ですので、一度に沢山摂るというよりも毎日少しづつ食べることを続けた方が健康に良い効果が得られるのではないでしょうか。

 

酒粕は髪のトリートメント効果あり♡

酒粕 髪

酒粕が便秘改善・ダイエット・美肌・美白など身体に良いとされる点を様々紹介してきましたが、最後は意外にも「髪のトリートメント」としても酒粕が効果的であるというものです。酒粕を摂ることで、ビタミン類がリラックス効果を生み、眼精疲労を軽減させるなどして頭皮周辺の血流を良くしてくれることから薄毛の原因の予防にも寄与することに繋がるのですが、酒粕を直接髪へ塗ること、即ちトリートメントとして使うことも出来るのです。

 

酒粕のセラミドで髪がツヤツヤに

酒粕に含まれるアミノ酸は髪の健康に欠かせない成分ですし、セラミドは保湿成分として髪の角質細胞へ潤いを与えてくれます。余分な化学物質が一切使われていないので髪を傷める心配がない中、潤い・ツヤのあるサラサラヘアになってくれます。数あるヘアケア商品にも、酒粕エキスが使われたりしていることからも、その効果は間違いないものなのでしょう。

 

まとめ

酒粕の効果について便秘はもちろん、ダイエット、美容、健康とそれぞれのジャンルでの効果を紹介してみましたがいかがだったでしょうか?酒粕を摂取するだけでこれだけの嬉しい効果・効能があるとは驚きですよね。女性だけでなく男性も飲めるサプリメントなので今後の健康のためにも毎日、摂り入れる事をおすすめします( ^ω^ )

 

.