便秘 症状

便秘の症状とは?便が出ないだけじゃなく腰痛や腹痛、頭痛まで!

便秘 症状

こんにちわ( ^ω^ )
酒粕サイト管理人です♀

便秘に悩んでいる方は、男女を問わず多くいらっしゃると思います。どちらかと言えば、便秘に悩まれているのは女性の方が多いイメージですね。「便秘」といっても、その原因や症状はその方それぞれ違ってきます。生活習慣が関係するものや、または命にさえ関わる重大な病気を疑わなければならないものまで様々です。

便秘に悩んでいるのに、意外にも「いつものことだから」とか「単なる便秘でしょ?」と安易に考えている方も少なくないかもしれませんが、その考え方、実はけっこう危険なことかもしれません。便秘対策をする上でも知っておくべきことになると思いますので、今回はまず、「便秘の症状とは?」を取り上げて詳しく見ていきたいと思います。

便秘の症状とは?

便秘 症状

みなさんが実感されている通り、便秘とは「便が出ない状態」のことです。普通に1日3回食事を摂っているのに、2日以上便が出ないのであれば、それは便秘もしくは便秘気味の症状です。便秘に悩んでいる方からすると、かなり意外な数字と思うかもしれませんが、健康的な方の排便回数は、1日2~3回とされています。ほとんど食事の回数と同じで、食事で摂ったものが消化され、便となって順番に出てくるものなのです。また、もっとが出そうな感じがするのに、強く踏ん張っても硬くて出てくれないといった「残便感」も便秘の症状です。

 

便秘の主な症状

・何日も便が出ない(排便回数が少ない)
・お腹が張る(腹部膨満感)
・お腹が痛い
・便が硬くて、強く踏ん張らないと出てくれない

お腹の調子そのものに影響が出るものや、排便時に痛みや不快感を伴うものが挙げられます。便がお腹に長く留まることでガスが発生することで、「お腹が張って苦しい」といった腹部膨満感や、「お腹が痛い」といった症状も良くみられるものです。その他にも便秘に伴う症状は、本当に人それぞれ様々なものが挙げられます。細かいものまで含めて、便秘に伴う色々な症状を紹介してみたいと思いますが、便秘に悩んでいらっしゃる多くの方が日々感じている症状ではありませんか?。

「これも便秘が関係してるの?」と思うものもあると思いますが、便秘に伴う症状は本当に多岐に渡ります。

・便意を感じてトイレに行くのに便が出ない
・便秘と下痢を繰り返す
・オナラがよく出る
・オナラが臭い
・口臭が気になる
・体臭が気になる
・食欲が減る
・肌荒れやニキビが増える
・太りやすくなる
・吐き気する
・身体がダルイ
・痔になる
・腰痛
・頭痛

どうでしょう?気になる症状はありましたか。本当に一過性の便秘なら、ほとんど問題ないとは思いますが、長く、繰り返す便秘を放っておくと、便秘だけでなく便秘に伴う色々な症状でも悩まされることに繋がります。

 

これって便秘が原因の腹痛?

便秘 腹痛

もしも、お腹が張っていて「痛い」とか「苦しい」といった腹痛に悩むのなら、その原因の1つに考えられるが「便秘」でしょう。便秘は便が出ないもしくは出にくい状態になるだけでなく、長く便が腸に留まることでガスが発生し、「お腹が張る」「おならが良く出る」といった症状が現れ、さらにそれは「お腹が痛い」「お腹が苦しい」といった不快感へと繋がっていきます。

 

頑固な便秘は腹痛の原因に

便秘で便が腸に溜まった状態は、お腹が苦しいというだけに留まらず、腹痛へと繋がっていくことが多くあります。それは、我慢することがツライ痛みの場合もあれば、お腹が張ってなんとなくお腹が重苦しいと感じるようなものまで様々。
先の「便秘に伴う色々な症状」のところでも紹介したような、

・お腹が張って痛い
・お腹がポッコリする
・吐き気がする

など、便秘は腹痛以外にも様々な症状の原因になることがあります。腹痛やお腹の不快感がある場合、2日以上便が出ないなど便の回数が減っているのであれば、便秘が原因となっている可能性が大きいでしょう。

 

便秘で腸に溜まったガスが原因の可能性も

便秘によって腸に長い時間便が留まると、便は徐々に腐敗し始め、悪性のガスが発生することで腸が膨張し、お腹が張った感じになってきます。便から発生した悪性のガスは腸を膨張させ、さらにまわりの臓器をも圧迫するようになり、腹痛の原因へとなっていくのです。

 

便秘が原因で腰痛になる?

便秘 腰痛

便秘で便が出ない、お腹が張って痛いなど便秘だけでもつらい中、さらに腰痛にまでなってしまうという方がいます。果たして便秘になると、腰痛にも繋がるものなのでしょうか?。普通に考えると、便秘と腰痛には関係性がなさそうに思われますが、先に紹介した「便秘に伴う色々な症状」にもあるように、便秘になると腰痛になるという方が意外にも多いのです。腸と腰とは隣り合うように、非常に近い位置関係にあります。便秘によって腰痛になったり、逆に生活習慣などに起因した腰痛によって便秘になってしまうこともあるようです。ここでは、便秘と腰痛の関係について紹介したいと思います。

 

便秘と腰痛の関係性

普段は腰痛に悩むことがないのに便秘になると腰痛が出るという場合には、腰痛の原因が便秘にあるという可能性が高いと言えます。その腰痛の種類も、ズーンッと思い感じのものや、ズキズキと痛むものまで人によって様々。便秘が腰痛に繋がる仕組みとしては、簡単にいうと便秘によって膨らんだ腸が、まわりの血管や神経を圧迫してしまうことからです。元々腰痛を感じている方も、便秘によって血管や神経が圧迫されることで、強い痛みへと変わることも考えられます。便秘が腰痛に繋がる仕組みについて、順を追って流れを整理してみましょう。

 

便秘が腰痛になるまで・・

1.便秘で腸に溜まった便が腸を膨らませる

2.大きく膨らんだ腸が腰椎を圧迫する

3.腰椎を通る神経が刺激され腰に違和感や痛みを感じる

4.腰に違和感を感じると、かばうような動きになり血行が悪くなる

5.腰まわりの筋肉が緊張し腰痛が強くなっていく

このように、便秘によって膨らんだ腸が腰椎を圧迫することで、腰の神経が刺激され違和感や痛みへと繋がっていき、さらにかばうような動きになってしまうことから筋肉が緊張して痛みが徐々に強くなってしまうのです。

 

生活習慣により腰痛が便秘に繋がる場合も

普通に考えると、便秘と腰痛は、それぞれ違う原因でなっていることも十分考えられますが、実は似たような原因でそれぞれの症状へ繋がっています。つまり、同じような原因から便秘にもなるし、腰痛にもなるしというケースです。

 

運動不足やストレスなどの生活習慣

腸は筋肉で出来ている臓器です。健康的な腸はとても柔らかいもので、便を前へ前へと押し進める「ぜん動運動」によって便が排出されていきます。しかし、日頃の運動不足やストレスなどの生活習慣によってカラダが緊張してしまうと、筋肉である腸の動きも小さくこり固まったものへとなってしまい、「ぜん動運動」が弱まり便秘へと繋がっていきます。

また腰痛の原因にも、日頃の運動不足やストレスなどが大きく影響しています。運動不足でカラダ全体の筋肉の動きが固くなってしまったり、ストレスによって筋肉が緊張している状態も腰痛の原因となります。つまり、根本の原因である日頃の運動不足やストレスなどによって、便秘にも腰痛にもなってしまうことへと繋がるのです。便秘になると腰痛も出るという方は、先で紹介したような便で腸が膨らんで腰椎を圧迫すること以外にも、生活習慣によって便秘にも腰痛にも同じようなタイミングで悩まされるといったケースもあるでしょう。

 

便秘と頭痛の関係とは?

便秘 頭痛

食べたら「出る!」、表現がストレート過ぎるかもしれませんが、それが私たち人が健康的に生活する上で大切なことです。一度そのサイクルが乱れて便秘となると、意外に関係がないと思える症状が出ることがあります。その1つが「頭痛」です。便秘になると「片頭痛」に悩まされるといった方も少なくないようです。先の便秘と腰痛の関係では、腸と腰の位置が近いこともあって「なるほど!」と思われた方も、便秘と頭痛の関係となると、さらに意外な関係だと思うのではないでしょうか。

 

便秘と頭痛の関係性

便秘は腸に便が長く溜まることで、腐敗して悪いガスが出てしまうことはこれまでにも紹介した通りです。その悪いガスというのは、「スカトール」や「インドール」と呼ばれるもの。この悪いガスたちは、腸壁から吸収されて血液に入り、毒素となってカラダ中を巡ることになります。毒素は筋肉や臓器の働きを鈍らせ、血流を悪くしていくのです。

 

便秘で血行が悪くなると頭痛に

カラダの血流が悪くなれば、当然頭へ送られる血液も減ってしまいます。さらに頭へ送られた血液も毒素が多く、頭のまわりの筋肉も緊張してしまうことから片頭痛など「頭痛」へと繋がっていくのです。腸内の便から悪いガス(スカトールやインドール)が発生し始めるのは、およそ便秘3日目頃からだと言われています。便秘で頭痛になる方の多くが、「便秘3日目~5日目」頃からというのもうなずけますね。

 

まとめ

便秘 症状

今回は便秘とその症状について紹介しました。「風邪をひいているわけでもないのに頭痛がする」などもしかしたら便秘が原因の症状などもあるかもしれません。健康な体を作るためにも便秘は早急に改善する必要がありそうですね(´;ω;`)便秘は美容に影響をもたらすだけでなく体の不調へもつながりますのでご注意を・・

 

.