和の酒粕 成分

和の酒粕の成分や働き!レジスタントプロテインや葉酸

和の酒粕 成分

便秘解消やエイジングケアとしても人気の和の酒粕。では一体どんな成分が配合されているのでしょうか?今回は和の酒粕の成分や働きについて紹介したいと思います( ^ω^ )皆さんの美容の悩みを解決してくれる和の酒粕で内側からエイジングケアしましょう。

和の酒粕の成分について

和の酒粕の最大の特徴はレジスタントプロテインが従来の酒粕の60倍も配合されていることです。また、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・亜鉛・ナトリウム・鉄分・マグネシウムといった多くの栄養素も豊富に含まれています。

 

和の酒粕の原材料一覧

和の酒粕原材料はこちらです( ^ω^ )

和の酒粕 写真

 

和の酒粕配合成分の働き

和の酒粕 成分

ではそれぞれの成分はどんな働きをしてくれるのでしょうか?順番にご紹介します。

 

和の酒粕に含まれるレジスタントプロテイン

まずなんといってもレジスタントプロテイン。食物繊維ように体の中で消化吸収されにくく、分解されにくいタンパク質をレジスタントプロテインと言い、余分なものを捕まえるという特徴があります。和の酒粕は酒粕50g分のレジスタントプロテインを750mgにギュッと凝縮しています。そのため一日5粒飲むだけで、毎日のすっきりをサポートしてくれます。そして配合された他の栄養素の働きはご覧の通りです。

レジスタントプロテインの効果について詳しくまとめた記事もありますので良かったら読んでみてください( ˘ω˘ )

↓ ↓  ↓ ↓

レジスタントプロテインの効果

 

和の酒粕にはビタミンB1も!

糖質からエネルギーを作り、皮膚や粘膜の健康を保つ働きをします。また、糖質を栄養源とする脳神経系の正常な働きを助けます。不足すると、乳酸などの疲労物質が体内に蓄積され、疲労感が強くなります。また手足のむくみやしびれ、動悸、息切れといった脚気(かっけ)という病状が現れることもあります。

 

ビタミンB2が豊富な和の酒粕

ビタミンB1同様、皮膚や粘膜の健康を保つ働きをするほか、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに替え、代謝をサポートする大切な働きをしています。活発に活動し、エネルギーの消費が多い人ほどビタミンB2はたくさん必要になります。不足すると口内炎や結膜炎になりやすくなります。

 

和の酒粕のビタミンB6働き

食品中のたんぱく質からエネルギーを作ったり、筋肉や血液などを作る時に働きます。ビタミンB1、2と共に皮膚や粘膜の健康を保つ役目もあります。不足すると肌荒れや口内炎ができやすくなります。また、免疫機能も低下するため、湿疹やじんましんといったアレルギー症状が現れる場合もあります。

 

和の酒粕には葉酸もたっぷり配合

ビタミンB群の仲間で、たんぱく質や細胞を作るのに必要なDNAなどの核酸を合成すというとても大切な役割を担っています。ビタミンB1、B2と協力して血液を作る働きもあります。不足すると悪性貧血と言われる状態になり、めまいや立ちくらみ、発熱、呼吸困難などの症状を引き起こします。

 

和の酒粕に含まれる亜鉛

新陳代謝に必要な反応に関するたくさんの種類の酵素をつくる成分となります。味覚を正常に保つのに働くほか、たんぱく質の合成や遺伝子情報を伝えるDNAの転写に関わる働きもしています。不足すると免疫機能が低下します。

 

ナトリウムで浮腫みが取れる和の酒粕

細胞の機能を維持するほか、筋肉の収縮を正常に保つ働きをします。また、栄養が吸収される際にそれを助ける働きをします。不足すると疲労感、けいれんなどの症状が現れます。

 

鉄分で貧血を防げる和の酒粕

約70%が血液中の赤血球を作るヘモグロビンの成分になり、約25%は肝臓などに貯蔵されています。ヘモグロビンは酸素と結びつき、酸素を肺から体中に運ぶという重要な役目を果たしています。不足すると鉄欠乏性の貧血になる恐れがあります。

 

マグネシウムでエネルギーを作る和の酒粕

50~60%が骨に含まれており、不足すると骨から遊離して、神経の興奮を抑えたり、エネルギーを作る手伝いをします。また、血圧維持などの重要な働きにも利用されます。長期にわたって摂取量が不足すると、骨粗しょう症、心疾患、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まる可能性があります。

 

酒粕の効果とは?

和の酒粕 成分

そもそも酒粕ってなに?と思われますよね。日本酒を作る過程でもろみと呼ばれる白濁した液体を絞って透明な液体(日本酒)にします。その残りが酒粕になります。この原料をもとに甘酒が作られています。甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、昔から日本人に親しまれています。

 

酒粕の排出の効果について

ではどんな効果が得られるのでしょうか。先程言ったように酒粕に含まれるレジスタントプロテインは体内に長く留まって余分なものを連れて排出されます。余分なものを溜め込むと代謝が下がったり肌荒れの原因になるなど美容に良くない事ばかり。体の内側からすっきりとキレイになるとお肌にもハリが生まれます。ぜひ、摂取したいですね。

 

白米にも含まれている成分が酒粕にも!

酒粕だけでなく、白米にもレジスタントプロテインは含まれています。しかし白米のままでは他の成分に囲まれているため、レジスタントプロテインが十分にに効果を発揮できません。日本酒の製造では米と麹を発酵させ旨みを引き出していきます。その際、麹菌の働きで栄養素が分解されて、体に吸収されやすい形になるので、酒粕は効率よくレジスタントプロテインを摂取することが出来るのです。

 

 

和の酒粕の特徴

和の酒粕 写真

さて、酒粕は美容効果がたっぷりだということが分かりました。しかし、です。最近の研究で、一日にレジスタントプロテイン(酒粕50g)を摂取することが最も美容効果が生まれるということが分かってきました。でも甘酒を毎日そんなにたくさん飲むのって大変ですよね。甘酒はお酒ですし、飲み過ぎるとカロリーオーバーが気になります。

 

和の酒粕でレジスタントプロテインを効率よく摂取

そこで作られたのが従来の60倍ものレジスタントプロテインを配合した和の酒粕です。和の酒粕は余計なものは入れたくないという思いからカプセルではなく錠剤にこだわって作られました。表面をコーティングして体内で溶ける時間を調節することで、レジスタントプロテインを届けたいところに届けられるように工夫されています。お菓子のような感覚で噛んで食べるので子どもから大人まで美味しく食べることが出来ますよ。

 

和の酒粕は汗と一緒に老廃物も出す

また、和の酒粕には体を温めてくれる生姜が配合されています。生姜には発汗作用もあるので、汗と一緒に老廃物も排出してくれます。また毛穴の詰まりもとってくれるので、更に美肌効果が高まります。和の酒粕に使用しているのは145年も続く愛媛県の老舗の酒蔵・梅錦山川の酒粕です。法皇山の豊かな水を使い、人間の感性を最も大切にして作られています。長年培ってきた経験、研ぎ澄まされた五感を大切にして作られた酒は、様々な賞も受賞しています。梅錦山川の歴史とノウハウが詰まった最高の酒粕を原料にこだわりにこだわりを重ねて作られたいるのです。

 

和の酒粕を実際に飲んだ人からの口コミ

使った人からの喜びの声もたくさん届いています。「内側からキレイになったからか、ハリも出てきました。友達にも褒められました」「以前は飲み忘れてそのまま辞めてしまうことも多かったけれど、美味しいので飲み忘れがなくなりました」「飲み始めたその日からすっきり調子が良くなりました」健康に気を使っている人は余計なものが入っていない本物のサプリを選んでいるのですね。

 

美容と健康のための酒粕サプリ

たくさんの食品が手に入る時代ですが、手軽さ、安さ、美味しさを優先して決して安全とは言えない食品を無意識のうちに選んでいるかもしれません。そんな現代人の美容と健康を第一に考えて作られた、和の酒粕。体の内側からキレイになるには本物を選びたいものです。お肌の悩みや年齢による不調で毎日を楽しめないなんてもったいないですよね。和の酒粕は毎日のエイジングケアを美味しく手軽にサポートしてくれますよ。

 

まとめ

和の酒粕の成分についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?酒粕の中でも重要となるのがレジスタントプロテインという成分です。このレジスタントプロテインを豊富に配合することで生きたまま腸内に達し、腸内環境の改善に役立っているのです。腸内環境を整えて肌が綺麗になる・・!こんな仕組みになっています( ^ω^ )

 

.